奈良県の一級建築士事務所 (建築設計事務所) 中尾克治建築設計室のブログ 建築設計監理・家具デザイン・庭園デザイン


by knaw
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

高台からの眺め

c0175075_20092491.jpgc0175075_20093287.jpg























旧友が設計監理していた、あるマンションがもう竣工だというので引渡し前に
見学させて頂いた。
高台に建っているので、視界が抜ける位置ではかなり遠方からでも、その建物は
認識できるのですが、ということはその建物に登ると周辺の景色がよく見える
訳で… 最上階の南東側に面する住戸のバルコニーから見ると、こんな感じ!
戸建住宅派で共同住宅といえば中層の市営住宅しか設計した事が無く、民間
マンションにまったく縁の無い小生にとっては普段生活でこんなVISTAは
馴染みが無いのだけれど、駅近マンションで、こういう眺めがあれば、
それはそれで集合住宅も良しとするべきか。





# by knaw | 2017-01-11 20:26 | ♪建築現場から

増改築工事のはじまり

三田ゆりのき台の家の増改修計画の工事が今週からスタート。
先ずは既存の撤去部分の解体工事からです。
庭の半分を占めていた大きなウッドデッキは取り払われ、この部分に
小さな増築をすることになります!

c0175075_19111060.jpg



























# by knaw | 2017-01-10 19:14 | ♪建築現場から

薬師寺東塔の心柱立柱式の記念に解体工事の折に出土した基壇部分の石を
祈念に頂いてきました。

「文鎮代わりにどうぞ。」とお話しされていましたが、床の間にでも
飾っておきましょう。

(あっ、我が家に床の間がなかった)


どうぞご利益がありますように!

c0175075_18182056.jpg























関連 ⇒ 心柱 立柱の儀




# by knaw | 2017-01-09 18:20 | ♪お気に入りあれこれ
比叡山延暦寺の根本中堂は東塔の本道であると共に、延暦寺の総本堂!
ネモトじゃなく「コンポウチュウドウ」と読むのが正しい。
桁行11間、梁間6間の規模を持つ大きな建物。国宝建築です!
こうした寺院の本堂建築物は高いところに建っていて下から見上げる
配置が多いと思うけれど、この根本中堂はすり鉢状に下った場所に
建っていて一般的なアプローチでは下って行く事になる。

c0175075_20584311.jpg
























この写真は表門のあたる文殊楼(滋賀県指定文化財)から見下ろした
ところ。いろんなところによく使われているアングルですね。

正面側には廻廊(国指定重要文化財)が廻り、中庭を形成している。
その中庭を見ながら本堂の中に入ると、板敷きの中陣から内陣へ至るのに
3mくらいドンと下がっているのです!そして特徴的なのが、その内陣が
土間になっている!
しかもとっても薄暗~い空間で。インドの石窟寺院のような感じ。(イッタコトナイケド)
土間と板間、そして高さの構成、このあたりに仏様と人間の結界があるような・・・





# by knaw | 2017-01-06 21:19 | ♪不易流行のデザイン
正月三が日が過ぎて4日に田圃の荒起こしをおこなって
今年も活動スタート!
事務所も年末から大掃除+イメチェンでレイアウト変更し、
気分新たにガンバリマショウ!

c0175075_20161957.jpg
c0175075_20160497.jpg


# by knaw | 2017-01-05 20:19 | ♪百姓に目覚め至極満足に暮らす

和製シーランチ

これは或る家族が週末を過ごすためのセカンドハウスの計画である。
敷地は眼下に太平洋を望む小高い南傾斜地で陽当たりが良く、安定した
心地よい海風が吹いている草地で隣接の住宅からも一定の距離があり、
別荘地としては最高のロケーションだ。

c0175075_2271771.jpg
c0175075_2272922.jpg
c0175075_2273817.jpg
c0175075_2275056.jpg

家族はこの住居で週末やすこし長めのバケーションを日がな一日海を眺めて
のんびり過ごすことを夢見ている。

c0175075_22163458.jpg



WORKS

c0175075_1827777.jpg


日用の住宅考WEBマガジン“Daddy's athome”
# by knaw | 2016-11-01 22:18 | ♪間取り色々(プラン集)

あちこちの現場から

現在いくつか並行して進行中の現場
ある教会の改修工事ではエレベーターが設置されました。
コンパクトなサイズですが現場自体もたいへんコンパクトで
その他の内装工事、設備工事と輻輳して現場はタイヘン!
別の工場の倉庫増築は基礎工事。配筋検査も修了して、
コンクリート打設へ。
月内には上棟のヨテイ!

c0175075_2214879.jpg
c0175075_22143243.jpg
c0175075_22144531.jpg



WORKS

c0175075_1827777.jpg


日用の住宅考WEBマガジン“Daddy's athome”
# by knaw | 2016-10-25 00:05 | ♪建築現場から

サンライズ

建築士会全国大会で九州へ行っていました。
さっき戻って、これから仕事モードへ

c0175075_926664.jpg

夜明け・・・大阪南港から


WORKS

c0175075_1827777.jpg


日用の住宅考WEBマガジン“Daddy's athome”
# by knaw | 2016-10-24 09:29 | ♪お気に入りあれこれ
仕事の打合せで三田市へ行く途中、近くで開催中の「里山住宅博」を
覗いてきました。
堀部安嗣さんや松澤穣さんはじめ有名建築家がモデルハウスを
設計しているというので、どれどれと視察偵察にいったわけ!
この住宅博のプロデューサーを務める小池一三氏はヴァンガードハウスと
呼ばれる先進モデルの設計者に堀部氏と松澤氏を招聘したそうですが、
お題は「華美では無いけど野暮では無い家!」だったそうです。
引き受けたお二人の建築家は「難しいテーマだ」と口を揃えて言ったそうな。

c0175075_05597.jpg

そんな難しいテーマをそれぞれの解釈で耐震性や省エネ性など現代住宅に
欠かせない条件に丁寧に答えながらそれらのモデルハウスはできていました。
残念ながら松澤氏設計の「地べたの家」というのは外観しか見学できなかったですが、
木製建具廻りの納め方、気の配り方など参考になるところがいっぱい。
「これからの家」という堀部氏設計のモデルは4間角総2階のシンプルな外観。
余計なことはしないという堀部さんの設計ポリシーが感じ取れます。
ほかにも、ぷらんにじゅういち(趙海光)の設計した住宅など見どころある
家々が見学できて刺激的です。


WORKS

c0175075_1827777.jpg


日用の住宅考WEBマガジン“Daddy's athome”
# by knaw | 2016-10-12 00:18 | ♪不易流行のデザイン

駐車スペースの門構え

既存住宅の駐車スペース・駐輪スペースのリメイク。
細かい修正点は多くありましたが、計画のイメージが
うまく表現できたと思っています。
ゲート扉も全てあつらえる予定でしたが、最終的に既製品を
活用したのだけれど、おおきな違和感は無く納まっています。

c0175075_1447252.jpg
c0175075_14473411.jpg



Come on a my house !  (関連)


WORKS

c0175075_1827777.jpg


日用の住宅考WEBマガジン“Daddy's athome”
# by knaw | 2016-09-25 14:52 | ♪建築現場から