奈良県の一級建築士事務所 (建築設計事務所) 中尾克治建築設計室のブログ 建築設計監理・家具デザイン・庭園デザイン


by knaw
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

残念な風景

丸亀市にある猪熊弦一郎現代美術館の屋上にカスケードプラザという
屋上庭園があります。




プラザに面するカフェMIMOCAから眺めると高いパラペット(手摺壁みたいな
立ち上がりのこと)に囲われて、細いボーダー状のランダムな石面を水が
流れ落ちています。イサムノグチの彫刻なんかも展示されていて、
落ち着いたいい空間なんです(カフェのオネエサンも可愛くて愛想もいいし)が、
その高いパラペットの向うにニョキッと高いマンションが建っているんですね。
この日は雲ひとつ無い日本晴れでしたが「あのマンションが無かったら、
空がきれいに高いパラペットで切り取られてもっとよかったのにね。」なんて
いっしょに行った人と話していたら、カフェの可愛くて愛想のいいオネエサン、
「美術館が出来たときはマンションは無かったんですよ。だからほんとうに
空しか見えなかったんですよ。」と教えてくれた。
やっぱりな。ここは大御所建築家・谷口吉生氏の設計だから、周辺の
見たくないものを消し去り見たいものだけが見えるようにトリミングする意味で
あの高さを決めているんだろうなと思った。やるな~
でも、向うのマンションだって悪気があってあの高さにしたわけじゃないのは
当然だし、合法的かつ経済性、事業採算性などいろんな事をクリアした上で
出来ているわけで、いい風景をつくるっていうのは難しいと思います。
(向うの見晴らしは最高でしょうけど)
互いのいいとこをもらい合って活かしてこそ、それぞれがいい空間になって、
いい街並み、いい風景になっていくんですね。(トテモムズカシイコトダケド)

c0175075_11583341.jpg


★丸亀市猪熊弦一郎現代美術館(MIMOCA)豆知識

香川県高松市出身の猪熊弦一郎画伯の作品を所蔵する。
少年時代、猪熊氏が丸亀で過ごしたことから丸亀市立の現代美術館と
して、建築家・谷口吉生氏の設計で平成3年竣工開館。
市立図書館と一体の建物になっていて、JR予讃線の丸亀駅の
駅前広場に面しドカンと建っているから交通の便よし。
駅前駐車場も一時間までは無料!でも美術館鑑賞は一時間では足らない!
正面入口のゲートプラザにある子どものイタズラ描きのような大壁画(もちろん
これも猪熊画伯の作品であ~る)がとても印象的。
(封筒にも描かれていてカワイイですよ。ミュージアムショップで
売っています。値段は忘れました!)
c0175075_12223041.jpg

 
by knaw | 2009-08-23 12:34 | ♪度々の旅