奈良県の一級建築士事務所 (建築設計事務所) 中尾克治建築設計室のブログ 建築設計監理・家具デザイン・庭園デザイン


by knaw
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

「近代化遺産」の日

10月20日は「近代化遺産」の日ということになっているそうです。
知っていますか?そんなことはほとんどの人は知りませんね。
20世紀初め、近代化を目指した日本は目覚ましいスピ-ドで鉄鋼や
石炭、造船など基幹産業を次々と立ち上げて100年の月日が流れました。
「近代化遺産」の日_c0175075_8521471.jpg

日本の産業黄金時代を築いた近代の土木・交通・各種産業における
建造物、工作物、施設に関係する設備、機械、備品などひっくるめて
「近代化遺産」あるいは「産業遺産」という呼ばれ方で、いまや
重要文化財の新たな種別として設けられ、歴史に名を刻む工場の中には
世界遺産を目指しているものもあります。
ちなみに「近代化遺産」という語は文化庁の文化財保護行政がつくった造語
ということを新聞で読んだことがあります。
英語のIndustrial heritage(インダストリアル・ヘリテイジ~直訳すれば
やっぱり産業遺産)に対応する語をして創られたんでしょうね。
産業という語ではもっと幅がひろいから。
「近代化遺産」の日_c0175075_853458.jpg

いまは廃墟のようになった施設や、いまでも現役で活動しているものなど
いろいろありますが、刻まれた生活の様々な痕跡がその地域の町並み
景観や風土と一体になり愛され永く保存活用されていけば良いと思います。

僕自身もあちこち見に行ったものもありますが、あまりいい写真を撮っていない。
ニッポンの近代化産業の遺構を見に行くという観点であらためて旅してみたいと
思うのです。一度見に行きたいと思っていて、まだ見ぬ近代化遺産は
日本で唯一のマルチプルアーチの豊稔池ダムとため池の女王と呼ばれる白水ダム。
なぜか農業用貯水のためのダムふたつ。
豊稔池はヨーロッパの古城を思わす威風堂々とした姿でバッドレス(控え壁)と
アーチが連続した水力学に裏打ちされた合理的で男性的な構造美がある。
一方、白水は「越流堰堤(えつりゅうえんてい)」と呼ばれる堤の上を水が
オーバーブローして流れ落ちる流線美が魅力のダムの芸術品。女王と呼ばれる
所以です。はやく見に行って、このブログなりWEBサイトでその美しい姿を
報告したいと思う次第です。
「近代化遺産」の日_c0175075_8531986.jpg

by knaw | 2010-10-20 09:37 | ♪ニュース