奈良県の一級建築士事務所 (建築設計事務所) 中尾克治建築設計室のブログ 建築設計監理・家具デザイン・庭園デザイン


by knaw

2010年 09月 15日 ( 1 )

もう、何年か前の話になるが自分はこういう家に住みたいということを
提案する架空のプレゼンテーションがあった。海の無い奈良県に住まれ
育った人間は海を見ると「あっ!海や。」と思わず声が出てしまうという
ウワサがあるが(これ、ホント)、ぼくもそのひとりなので自分が住みたい
家となるとやっぱり海の側がいいな~と漠然と思うのである。だから、
その時の提案もそんなことになっている。

自分自身が暮らすための週末住宅。敷地は眼下に太平洋が広がる小高い
傾斜地の上の松林の一角にあり陽当たりがよく夕日が美しく見えます!
なんていう夢のような立地(そんなとこで過ごせたらいいよね~)を選定し
計画したプラン。“SHIOSAI HUT”と名付けたこの家は、三間角の方形架構
を雁行させながら傾斜地に沿って海に向かい下って行くという構造架構と
スキップフロアの内部空間をもっていて、どこからでも海が見えるように
工夫したつもり。お風呂は下から薪を炊く昔ながらの方式で極力、便利な
インフラから切り離してエネルギー消費しない質素な暮らしを愉しむ小さな
家である。ベンガラで赤く塗られた板壁と赤い塩焼き瓦で夕焼けと呼応する
外観をイメージしてみました!なんて鼻息荒くプレゼンした。

まぁ、この計画が良い悪いは別として、実は昨日またひとつ歳をとった。
自分の家は建て替えたり、週末住宅を建てたりという余裕はひとかけらも
無いのだけれど、設計を生業としている身としては、そろそろ本当に
いいと思える住宅をしっかりつくってみたい、つくらなきゃいけないと
改めて思うのである。
c0175075_84671.jpg
c0175075_843038.jpg


ちなみに昨日、歳を重ねた人には建築界ではレンゾ・ピアノ(関空のターミナル
ビルを設計した人)、有名人では矢沢永吉さんや磯野波平さんがいるようだ。
by knaw | 2010-09-15 08:10 | ♪お気に入りあれこれ