奈良県の一級建築士事務所 (建築設計事務所) 中尾克治建築設計室のブログ 建築設計監理・家具デザイン・庭園デザイン


by knaw
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:♪僕の失敗学( 11 )

若い頃の提案

記憶が正しければ、ちょうどひとまわり昔。今年は年男だから、この提案も辰年のとき。
『MUSIC CEAR-音楽療法による現代人の癒しの場所』というタイトルを付けていた。
お題は河川敷の都市公園に診療施設を併設したコミュニティスペースを計画しなさい
という実際には建築されない架空のアイディア提案コンペだったように思う。

音楽の力で、ストレスにまみれた現代人のこころに潤いを与えるというのをテーマに据え、
川の水面や公園の緑という視覚的な潤いのアイテムと音という聴覚を融合させようと・・・
今となっては穴が有ったら入りたいと思うような稚拙なプランとデザインの提案。

c0175075_621287.jpg

音という形の無いものを建築という形の有るものに置き換えて表現するのに、グランド
ピアノの形をしたフラットルーフの芝屋根の人工地盤の下に五線譜を模したガラス張りの
ルームが等間隔で5つ挿入されているという、何と言うか、芸の無い陳腐な提案でした。
オハズカシイ

プレゼンボードもB1サイズという規定をやぶってブランドピアノ型のボードにして(面積が
B1と同じ、だからOKでしょうという勝手な理屈)、講評のプレゼンの時、審査員の先生方
からは、なぜ音楽を形で表現するとグランドピアノなんだ?その辺が安直過ぎるんだよ!
というツッコミをだいぶ受けた。(それでも優秀賞に入選して頂きました。ありがとうございます)
今見直してみると、なんでこんな事してんのかな?何を考えてんねんやろと思う所も
あるのですが、「あ~、オレのやることやな~」と思うところもあり、今でも似たような処理や
考え方をしていることも多い気がします。

良くとれば一貫した物事の考え方がある。悪くとれば何も成長していない!?
どっちでも良いけど、どちらも正しい気がする。前を向いて突き進むのは大事ですが、
ときどき後ろを振り返ってみるのも大切な事があるかもしれません。

桜並木の家[信貴山の棲居]

平屋の暮らしを愉しむ

“天然蒸留水=雨”について考えよう

生物多様性の生活空間・場所~田園住宅のススメ

WORKS



c0175075_1827777.jpg







日用の住宅考WEBマガジン“Daddy's athome”
by knaw | 2012-07-13 06:23 | ♪僕の失敗学

Oh my god!

ミレーの『晩鐘』をモチーフにしたステンドグラスの設置完了をブログに
書いたけど、アップしてから気付いた。「なんか、おかしいな?」
本に載っている『晩鐘』の絵を見てみるとなんとなんと左右逆さまじゃありませんか!
つまり、裏表逆に取り付けている。ほんまかいな!と何度も穴があくくらい見比べたけど、
何度見ても絵はひっくり返らない。あ~悲惨!あ~かっこ悪っ!あ~恥ずかし!
取り付ける人も、監督する人も、毎日施設を使っている人も、そして、ここにこのように
取り付ける事と指示したものも誰も気づかなかった?
c0175075_1162949.jpg

本来なら上の写真のような構図にならないといけない。(これは写真画像を反転しただけ。)
週明け、早速入れ替えてもらわなければ。
こんな初歩的な失敗、なさそうで結構あるんです。オハズカシイ
by knaw | 2011-07-17 11:08 | ♪僕の失敗学
恥ずかしい話ですが、先週から尿路結石というヤツを患ってしまい、
毎日痛みに苛まれています。痛み止めでだましだまし過ごしていたけど、
痛み止めが切れてくるとキョーレツに痛くなるので、耐えられず
「体外衝撃波結石破砕手術」というもので結石を粉砕したのですが、
それでも、マシになったけどまだ痛い。体の痛みもさることながら
先週末から今週にかけて、いろんな予定をキャンセルしている。
打合せや会議からフェルのさんぽまで・・・
吉田桂二さんの勉強会もあったのに、今回ばかりは休ませて頂いた。
結石で欠席するとはシャレになりません。いろいろ得るところの多い
勉強会を休むのは痛い。そして思わぬ出費もこれまた痛いのである。



c0175075_1827777.jpg







日用の住宅考WEBマガジン“Daddy's athome”
by knaw | 2011-04-13 23:07 | ♪僕の失敗学
フィンランドの巨匠建築家アルヴァー・アアルトは家具デザイナーとしても
有名だった人。他にもいろんなプロダクツをデザインしていた。
「サヴォイ」と呼ばれるフィンランドの湖をモティーフにした花瓶などの波打つ
形状がアアルトの建築や曲げ木の椅子のデザインとの共通点を見出せる。
下の写真はサヴォイ形状の曲げ木の鍋敷き。たぶんバーチ材のはずで、もとは
木目を現したクリア塗装でしたが、汚れてきてたので数年前に墨汁を混ぜた
オイルステインで黒く塗り直した。
c0175075_17251483.jpg

今日何気なくダイニングテーブルの下を見ると、その鍋敷きが落ちていたので、
「誰が落してん。」と拾い上げてみたら、ごらんのようにガリガリとかじられている。
こんなことするヤツはあいつしかいない。「フェル~!(怒)」と睨みつけると、
すこし後ずさりし、首をかしげ「何?どうした?」って顔できょとんとしている。
目線をそらさず睨んでやると、「あっ、オコラレル。」と悟ったか自らケージに
入って、しばらくはおとなしくしておりました。
どうせなら100均の安物の鍋敷きをかじればいいものを、よりによって
アアルトをかじるとは・・・
最近、テーブルやカウンターに前足をかけて上のモノを取る悪い癖がついている
フェル。盲導犬への道はキビシソウダ。
c0175075_17362641.jpg

            「そんなもん、かじったかな~。きおくにございません」


c0175075_18311858.jpg







日用の住宅考WEBマガジン“Daddy's athome”
by knaw | 2011-02-19 17:38 | ♪僕の失敗学

物忘れ

きのう9月21日は世界アルツハイマーデーだったらしい。
最近、物忘れがひどくなったというか、多くなった。人の名前が思い出せないことが
よくあるのです。物の名前とか、いわゆる固有名詞をすぐ忘れる。しょっちゅう顔を
合わせて呼び合う人はそうでもないけれど、月一とかときどき会う人、年に数回会う人、
もう何年も前からの付き合いなのにスパッと出て来ないのですね~(これ、ヤバイ?)
以前は建築主の名前から子どもさんの名前や趣味とかヒアリングシートに書いてもら
った事はたいがいその仕事中は憶えていたもの。最近では、からっきしダメ。
先日もある会合で横に座ったり、テーブルを挟んでしゃべっているのに、数名の人の
名前がなかなか出てこない。(その人が何者かは判っている。それが判らなきゃ、もう
病気の域だ。)誰だっけ、と左の脳で考えながら右の脳を駆使して会話を続けるという
具合。余計な事を考えているから会話のポイントもずれちゃったりする。
どうでもいいような、しょうもない事はいつまでも憶えているのに肝心なことはすぐ
忘れちゃんですね。そして、自分にとって都合の悪い事もうま~く忘れちゃいます。
すこし前の事(6月29日のこと。最近はメモをとるので憶えている)ですが、
「人間ってヤツはしてもらった事はすぐに忘れるが、してもらえなかった事は
いつまでも憶えている。」ということをラジオで言っていた。なるほど確かにそうだな
と思いますね。 ニンゲンノキオクトイウモノハオモシロイモノダ
c0175075_6574583.jpg

物忘れとちょっと違いますが、娘たちの名前と犬の名前を間違って呼ぶ事も。
娘にナッティ~、エリン~と呼びかけたり、オネエの方に妹の名前で呼んだり。
その度に怒られるわけです。
相方に、他所の女性の名前で声掛けする失態はありませんけど。
by knaw | 2010-09-22 07:05 | ♪僕の失敗学

調子のいい(悪い)PC

常用しているPCがここ数週間、ご機嫌ナナメで苦労した。

◆続きを読む>>
by knaw | 2009-12-25 09:28 | ♪僕の失敗学

近況

先週からとっても寒かった。イコマは寒い。
ということで、毎日家の下の畑から柚子を採ってきては
柚子風呂にして暖まっていたのだが、うちの風呂はとにかくサ・ム・イ・!のである。
c0175075_20242042.jpg

木造の家だけど、水廻りだけRC(鉄筋コンクリートのこと)造になっていて、
おまけにお金が無かったから断熱レス!(屋根スラブだけは外断熱してますが)
夏の暑さは窓を開けて風を通せばいいですが、寒いのはかなん。

◆続きを読む>>
by knaw | 2009-12-21 21:01 | ♪僕の失敗学
こちらから始めての相手に電話するときのこと。
私  「ナカオ カツジ 建築設計室です。」
先方 「はい。 ナカオカ ツジ 建築設計室さまですね。」
私  「いいえ、ナカオ カツジ 建築設計室です。」
先方 「ええ、ナカオカ ツジ 建築設計室さま  ですよね。」
私  「ちゃうっちゅーねん!」
3回くらい繰り返すと腹が立つこともあるけど、短気は損気。
私  「ナ・カ・オ (深呼吸して)  カ・ツ・ジ なんですね。」
(文字では表現しにくいですが)
先方 「あぁ~これは失礼しました。」
「○○さん、ナカオカさまからお電話です~」
私  「だから、ちゃう言うとるやろがー!!」
なんて会話がよくある。
(多分)中岡・辻 建築設計室様
あると思います。
by knaw | 2009-09-23 21:44 | ♪僕の失敗学
イサム・ノグチの名作『ブラックスライドマントラ』
札幌の大通公園西8丁目と9丁目の間に鎮座するこの螺旋の滑り台彫刻を自分のお尻で
滑りたくて、この彫刻がここに設置されてから初めて札幌を訪れたとき、真っ先にここへ
飛んでいった。しかし、その日は朝からあいにくの雨。

◆続きを読む>>
by knaw | 2009-08-26 09:09 | ♪僕の失敗学

木製デッキ・リメイク

梅雨も明けて夏本番。
木製デッキの床板を張り替える。
オール桧のデッキ、本来なら10年でも15年でも
もったろうに日頃のメンテ不足が祟って9年目で張り替えることに・・・
最初は年4回外部用柿渋を塗布し蜜蝋ワックスを塗りこんで
手厚く保護していたのが、その後、年1回に。3年も経つと
ほったらかし状態・・・。板の割れた部分から怪しげなキノコが
生え出して「これはちょっとヤバイかな。」と思い、ちゃんとメンテしなきゃと
考えていた矢先、建築史家で建築家でもある藤森照信氏の建物
(たしか秋野不矩美術館に行ったときだったはず)を見学に行った際、
どこかで見かけたのと同じようなキノコが外部の木部にいっぱい生えているじゃ
あーりませんか。「なんだ、フジモリセンセイもやってるやん!」と
気楽に思い、それはそれで“自然な建築”でええやんか と思ったのがマチガイ!?
部分的に腐朽してきたら、あとは雪だるま式。

c0175075_2120216.jpgc0175075_21202579.jpg

◆続きを読む>>
by knaw | 2009-08-05 21:40 | ♪僕の失敗学