奈良県の一級建築士事務所 (建築設計事務所) 中尾克治建築設計室のブログ 建築設計監理・家具デザイン・庭園デザイン


by knaw
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:♪ニュース( 32 )

(公社)日本建築家協会近畿支部奈良地域会の総会時に開催される
記念講演会です。どなたでも参加できる市民向け建築文化セミナーですので
ご興味ある方は是非ご参加ください。

c0175075_16244641.jpg






































こんな都市計画が実現していたら、随分生駒の山の上も変わっていた事でしょう!
知っていたようで知らない事が分かる、興味深いお話です!





by knaw | 2018-03-01 16:33 | ♪ニュース

所属している(一社)奈良県建築士会で主催する講演会です。

今年の5月に再興された奈良の薬師寺・食堂(じきどう)において

この建築の内部設計をされた世界的建築家である伊東豊雄先生をお招きして

開催する講演会です。

c0175075_07470226.jpg
c0175075_07381434.jpg

食堂(じきどう)は僧侶が食事をする建物であり、仏教儀礼なども行われそうです。

薬師寺白鳳伽藍復興の悼尾を飾る食堂の再興で白鳳伽藍は金堂・講堂・食堂と

仏法相の三つの御堂が完成したことになります。

モダンで斬新は現代建築を設計してこられた伊東氏にとって初めて歴史的建築物の

設計に係わられたことになります。

「古いのに新しい空間を」というコンセプトをいかに実現するために、どんな

思考を巡らせたのか?いろいろなお話をお聞きできると思います。

ご興味ある方はぜひご参加ください!


申込みは奈良県建築士会のHPからどうぞ
奈良県建築士会 伊東豊雄講演会・薬師寺食堂特別拝観申込みフォーム






by knaw | 2017-09-14 08:10 | ♪ニュース
(公社)日本建築家協会近畿支部奈良地域会が取組んでいる
「奈良の建築文化遺産の継承と保存・活用の体制づくり事業」における
市民セミナーです。今回が第3回!

c0175075_1762037.jpg


淡路からカメラマンとしても有名なカワラマン山田脩二さんに来て頂き、地元奈良で
国宝・重要文化財の修復工事を中心に屋根瓦の製造施工に尽力を注ぐ石野瓦工業と
対談しながら土を焼いてつくる瓦の魅力、瓦という自然素材の持っている可能性を
探りたいと思います。

建築関係者のみならず一般の市民の方に多く参加して頂けたら幸甚です!


日時 : 2014年8月31日(日)  受付 13:00 講演 13:30~16:30

会場 : 奈良市北部会館市民文化ホール(会議室2,3)
奈良市右京1-1-4(奈良市北部会館3階)  TEL 0742-71-5747

参加人数 : 50名 (当日先着順)

参加費 : 無料!



WORKS

c0175075_1827777.jpg







日用の住宅考WEBマガジン“Daddy's athome”
by knaw | 2014-08-03 17:13 | ♪ニュース
(公社)日本建築家協会(JIA)近畿支部奈良地域会の
「奈良の建築文化遺産の継承と保全・活用の体制づくり事業」で
4月23日に下記のイベントが行われます。
どなたでも参加できます!ふるってご参加ください!

c0175075_19112527.jpg


対談「左官技術と文化財をめぐる話」

西川和也氏(伊勢の左官職人) × 木村謙一(東京の美術家)

日時 2014年4月23日(水)16:00~17:30
場所 春日野荘(奈良市法蓮町757-2 TEL 0742-22-6021)
参加費 無料




WORKS

c0175075_1827777.jpg







日用の住宅考WEBマガジン“Daddy's athome”
by knaw | 2014-03-27 19:17 | ♪ニュース

チルチンびと

師匠の吉田桂二さんの紹介も有って、風土社が発行する
人気雑誌『ちるちんびと』の76号に信貴山の棲居[桜並木の家]
が紹介されています。

c0175075_10231952.jpg


信貴山の棲居

敷地は奈良県三郷町信貴山の東麓に位置し、信貴山に上る登山道に沿う様に高台にある。
大和盆地の風景を遠望できるこの土地に結婚を機に新居を建てようと思った建築主と
初めて会ったのはもう8年ほど前の事。少々不便でも街中の喧騒から離れて静かな自然の
中で過ごす事を目的とした住宅です。
最初に敷地を訪れた時、苔むした石垣の上に緩やかに傾斜した土地は、沿道や周囲の
土地に大きく育った桜並木によって掌で包み込まれているようだった。
できることならこのままの土地形状を活かした住まいの計画をと思ったのだが、石垣の
安全性や脆弱な地盤への対応などいろいろな問題点を解決し、安心安全な家にしたい
という建築主の要望で土地は開発行為をかけて造成されることになった。  
擁壁の上に平らな宅地が出来あがったが、桜並木に包まれながら木々の間から眺望を
愉しめるロケーションに変わりなない。
求めたイメージは山の上の小さな分校の木造校舎。素朴で素直で質素な家がこの場所
にはピッタリくると感じた。その想いは建築主も同じこと。
単純で明快な切妻屋根の構造架構の中に必要とされる部屋を滑り込ませた。
周辺の自然環境と呼応するように開口部を設け、南東と北西に設けた庭とダイニング
リビングが一列に流れるように繋がっている。
アウトドア派で活動的なご夫婦のため、いつも家の中で過ごしているというのは似合わない。
季節や時間に応じて北庭・南庭をうまく使い分けながら屋内外を有機的に行ったり来たりの
暮らしができるように配慮したつもり。南庭には深い軒内の土間空間を作り、内外を繋ぐ
中間領域としている。北庭の木製デッキは夏場の朝日を受け、日中は建屋の陰になるので
涼しげで過ごしやすい“夏のデッキ”。信貴山頂や朝護孫子寺も望めるし、順光で桜並木を
愛でる事ができる裏の眺望スポットだ。
幾多の事情があり途中中断を経て、初めて敷地を訪れた日から完成まで足掛け7年を
要した。建築主と一緒に庭造りに使う枕木や石を探しに行きトラックで運んだりした事も
いい想い出になっている。造成のために最小限の桜が伐られ、当初の様な包まれた感じは
少なくなってしまったが、一方で住まい手が暮らしの中で庭づくりを通じて植える木々が
大きく成長し周辺の緑と同化し、再び緑の掌に包み込まれたような環境に育っていく事を
願ってやまない。


雪は天から送られた手紙

近代建築のチャンプ;生誕100年

陰がもっている力

日本民家の微気候環境空間

ある建築家のひと夏の物語 – 火山のふもとで -

カメハメハのフランク・ロイド・ライト

百万都市・江戸の暮らしから学ぶこと

“食欲は理性に従うべし” 礼拝堂の様な・・・

WORKS

c0175075_1827777.jpg







日用の住宅考WEBマガジン“Daddy's athome”
by knaw | 2013-09-22 10:26 | ♪ニュース

いよいよ最終会場へ

奈良の近代化遺産展は最後の巡回会場、奈良県立図書情報館へ。
月曜に設営を完了し、12日から展示が始まっています。24日の
日曜まで休館日以外は入場できます。

c0175075_9172726.jpg


        ⇒⇒⇒ 奈良県立図書情報館

HELP ただいま募集中!


奈良の近代化遺産展⇒3月12日から24日まで奈良県立図書情報館
                セミナールーム会場へ巡回!


ある建築家のひと夏の物語 – 火山のふもとで -

奈良が生んだ世界的デザイナー・田中一光

カメハメハのフランク・ロイド・ライト

百万都市・江戸の暮らしから学ぶこと

“食欲は理性に従うべし” 礼拝堂の様な・・・

障子で住まう

桜並木の家[信貴山の棲居]

WORKS

c0175075_1827777.jpg







日用の住宅考WEBマガジン“Daddy's athome”
by knaw | 2013-03-14 09:23 | ♪ニュース
今日から11月。あっという間に今年もあとふたつき。
今日から大和高田のオークタウンを皮切りに「奈良県の近代化遺産展」の
巡回展示がスタートです。
朝から設営に行ってまいりました。駅前にあるショッピングモールで、
半屋外の様な場所。ほんまの最初なので4人がかりで設営に一時間余り
かかっちゃいました。設置できる範囲が限られているので、ちょっと
ごちゃごちゃした展示になってますね。とても芸術的では無い。(もっと
スカッとビシッといくイメージなんですが)
とはいえ、設営完了と同時に行き交う人が足を止めて見てくれています。
アリガトウゴザイマス!
c0175075_1952047.jpg
c0175075_1952129.jpg
c0175075_1952271.jpg


HELP ただいま募集中!


奈良の近代化遺産展


カメハメハのフランク・ロイド・ライト

百万都市・江戸の暮らしから学ぶこと

“食欲は理性に従うべし” 礼拝堂の様な・・・

障子で住まう

桜並木の家[信貴山の棲居]

WORKS


第3回いこま国際音楽祭


c0175075_1827777.jpg







日用の住宅考WEBマガジン“Daddy's athome”
by knaw | 2012-11-01 19:55 | ♪ニュース
日曜日に生駒市環境基本計画推進会議(ECO-net生駒)が主催の
「雨水活用講演会」が開催されました。
東京から天水(あまみず)博士として知られる村瀬誠氏をお招きして、
雨のまつわるエトセトラの興味深い話、目から鱗のお話がたっぷり
お聞き出来ました。
c0175075_8453817.jpg
c0175075_845444.jpg

雨は流せば洪水、溜めれば資源!とおっしゃてましたが、ちょっとした
発想の転換で個々の建築にも街づくりにも雨水はもっと活用できると思います。


雨にぬれても・・・『雨の辞典』というRainの大百科


c0175075_1827777.jpg







日用の住宅考WEBマガジン“Daddy's athome”
by knaw | 2011-04-18 08:52 | ♪ニュース

巨大地震

東北を中心に甚大な被害をもたらしている今回の地震。
被災されました多くの皆様に心よりお見舞い申し上げます。
東北や北関東にも知人がいるので心配ですが、連絡がついた方は
ひどい被害は受けていないようで少し安心です。
いろんな予定がガラリと変わってしまった週末~週明けでしたが、
とにかくがんばりましょう。それくらいしか言葉がありません。
by knaw | 2011-03-15 09:23 | ♪ニュース

「近代化遺産」の日

10月20日は「近代化遺産」の日ということになっているそうです。
知っていますか?そんなことはほとんどの人は知りませんね。
20世紀初め、近代化を目指した日本は目覚ましいスピ-ドで鉄鋼や
石炭、造船など基幹産業を次々と立ち上げて100年の月日が流れました。
c0175075_8521471.jpg

日本の産業黄金時代を築いた近代の土木・交通・各種産業における
建造物、工作物、施設に関係する設備、機械、備品などひっくるめて
「近代化遺産」あるいは「産業遺産」という呼ばれ方で、いまや
重要文化財の新たな種別として設けられ、歴史に名を刻む工場の中には
世界遺産を目指しているものもあります。
ちなみに「近代化遺産」という語は文化庁の文化財保護行政がつくった造語
ということを新聞で読んだことがあります。
英語のIndustrial heritage(インダストリアル・ヘリテイジ~直訳すれば
やっぱり産業遺産)に対応する語をして創られたんでしょうね。
産業という語ではもっと幅がひろいから。
c0175075_853458.jpg

いまは廃墟のようになった施設や、いまでも現役で活動しているものなど
いろいろありますが、刻まれた生活の様々な痕跡がその地域の町並み
景観や風土と一体になり愛され永く保存活用されていけば良いと思います。

僕自身もあちこち見に行ったものもありますが、あまりいい写真を撮っていない。
ニッポンの近代化産業の遺構を見に行くという観点であらためて旅してみたいと
思うのです。一度見に行きたいと思っていて、まだ見ぬ近代化遺産は
日本で唯一のマルチプルアーチの豊稔池ダムとため池の女王と呼ばれる白水ダム。
なぜか農業用貯水のためのダムふたつ。
豊稔池はヨーロッパの古城を思わす威風堂々とした姿でバッドレス(控え壁)と
アーチが連続した水力学に裏打ちされた合理的で男性的な構造美がある。
一方、白水は「越流堰堤(えつりゅうえんてい)」と呼ばれる堤の上を水が
オーバーブローして流れ落ちる流線美が魅力のダムの芸術品。女王と呼ばれる
所以です。はやく見に行って、このブログなりWEBサイトでその美しい姿を
報告したいと思う次第です。
c0175075_8531986.jpg

by knaw | 2010-10-20 09:37 | ♪ニュース