奈良県の一級建築士事務所 (建築設計事務所) 中尾克治建築設計室のブログ 建築設計監理・家具デザイン・庭園デザイン


by knaw
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

カテゴリ:♪盲導犬パピーの日常( 49 )

ナッティが帰ってくる!

「さようならナッティ。立派な盲導犬になるんだよ。」

こんな言葉をこのブログに書いたのがいまから9年前の8月23日。
盲導犬訓練所からパピーウォーカーで一年間預かって育てていた仔犬が
訓練所に帰って行くとこのこと。
その後、訓練を経て見事、盲導犬になったナッティはその後、和歌山で
ユーザーの方といっしょに暮しながら一生懸命、盲導犬として働いていました。
今年10歳を迎え、引退する事に・・・
引退後は我家で引き取るという約束を交わしていたので、いよいよ明日、
帰ってくることになります。
盲導犬になった後は1回も会った事が無い。それがルールだった。
おてんば娘だったナッティは犬では高齢の10歳。もうおばあちゃんである。
はたしてナッティは僕たち家族の事を覚えているのだろうか?

さあ、どんな顔で迎えよう。
どんな言葉を掛けてあげようか。




by knaw | 2017-07-21 23:02 | ♪盲導犬パピーの日常
ずいぶん遠ざかっていたのですが、今年はひさびさに盲導犬パピーが
2回短期でやってきました。
春先には、まだ2カ月のちいさい男の子、この夏には、ついこの前まで
もうすぐ1歳になる女の子が来てました!

c0175075_16381949.jpg


事務所の足元でおとなしくしているのですが、暑いせいもあるのか、
あんまり散歩にも行きたがらず、こっちのたるんだおなか廻りのシェイプアップには
役立たなかったのであります。


WORKS

c0175075_1827777.jpg
by knaw | 2016-08-16 16:42 | ♪盲導犬パピーの日常
4月は新しい船出の季節。昨年、一時的に短期間ですが預かっていた
盲導犬パピーの女子は訓練所に帰ってからも順調に特訓をこなし、
ユーザーさんとの共同訓練も終え、この4月から正式に盲導犬として
働く事に決まったそうです。
どうやら遠~い所へ行ってしまうそうですが、長閑で環境のよいところだと
聞いたので、おっとりとした大人しく優しい性格の彼女には合っているように
思います。頑張ってユーザーさんのお役にたつんだよ。

c0175075_8305541.jpg



WORKS

c0175075_1827777.jpg







日用の住宅考WEBマガジン“Daddy's athome”
by knaw | 2014-04-05 08:31 | ♪盲導犬パピーの日常

赤と黒

いま預かっている盲導犬パピーは黒ラブの女子。
黒い大型犬は威圧感があって怖がる人もいるようですが
この子は全身真っ黒でも、大人しくて人なつっこいワンちゃんで
怖くなんてありません。

c0175075_3392680.jpg


用事で舞鶴に行った時、舞鶴の赤レンガ倉庫群を散歩。
赤レンガと緑の芝生が補色の関係で互いに引き立てていますが、
黒いわんこと赤いレンガのコントラストもイケテマス!
(黒い犬って、室内で写真撮っても黒いかたまりにしか写らなかったり、
フラッシュをたくと眼が光ったり黒毛が光ったりして、綺麗に撮れないん
ですよね)


c0175075_3482354.jpg

        舞鶴赤レンガパーク→→→


*補色 ⇒ 補色(ほしょく・ complementary color)とは、色相環 (color circle) で
正反対に位置する関係の色の組合せ。補色同士の色の組み合わせは、互いの色を
引き立て合う相乗効果があり、これを「補色調和」といわれる。


雪は天から送られた手紙

近代建築のチャンプ;生誕100年

陰がもっている力

日本民家の微気候環境空間

ある建築家のひと夏の物語 – 火山のふもとで -

カメハメハのフランク・ロイド・ライト

百万都市・江戸の暮らしから学ぶこと

“食欲は理性に従うべし” 礼拝堂の様な・・・

WORKS

c0175075_1827777.jpg







日用の住宅考WEBマガジン“Daddy's athome”
by knaw | 2013-09-25 03:56 | ♪盲導犬パピーの日常

いぬのいない夏

梅雨が明けて強烈に暑い日が続いています。昨日は灼熱の太陽のもとで
農家の草刈りと生駒市の環境フェスティバルで一日中炎天下に・・・
設計事務所という普段はお日様の下で体を動かして働く事をほとんどしない
生活を送っている者にはたいへんキツイ!
熱中症というものになった事はないけれど、たぶん熱中症とはこんなものかも
しれないというようなしんどさで夜は食事も喉が通らずバタンQ(しかし、どうでも
いいけどバタンQのキューっていったい何だろう?Qと表現するのが正しいのか
どうかも知りませんが)で目覚めれば今朝でした。
ところで我家ではここ数年、盲導犬パピーを預かるパピーウォーカーをしてきたので
毎年夏場にはちっちゃいワンちゃんが居たのですが、今年は実に5年ぶりに犬が
いない夏なんです。毎年、夏休みにどっかへ遊びに行こうという時、犬もいっしょに
泊まれる宿とかいっしょに食事できるレストランやカフェなんかを探していた
もんだから、今年はそんなことに気を使わなくていいと言えばいいのですが、
やはりちょっと寂しい気もするのです。ちょうど去年の7月11日にフェルが
我家に来たので、ちょうど一年。今年のGW空けに帰ってしまいましたが、
暑い夏をどう過ごしていますかね・・・




“緑のカーテン”ってなんだろう!?

生物多様性の生活空間・場所~田園住宅のススメ

雨にぬれても・・・『雨の辞典』というRainの大百科

奈良が産んだ彫刻家・井上武吉の“哲学の庭”

近代庭園の先覚者・七代目植治と無鄰菴庭園

WORKS



c0175075_1827777.jpg







日用の住宅考WEBマガジン“Daddy's athome”
by knaw | 2011-07-11 23:41 | ♪盲導犬パピーの日常

三度目のGood bye

去年の7月から預かっていた盲導犬候補犬パピーのフェル(Ver)も、いよいよ訓練所に
帰る時が来ました。毎度のことながらあっという間。最初の頃はワンワンキャンキャン
吠えるは、しょっちゅうおしっこタレはするは、内弁慶で威勢はいいわりに結構、怖がりで
あかんたれだったフェルでしたが、できの悪い子ほど可愛いというもの。
c0175075_2258284.jpg

掌にのるようなちっちゃなヨチヨチ歩きの仔犬でしたが、

c0175075_22583811.jpg

一歳ちかくになると、大きく成長ししっかり歩くようになり、

c0175075_22584933.jpg

結構イケメンのグッドボーイになり、

c0175075_2258551.jpg

最後はナッティやエリンの時同様、振り向きもせずシッポふりふりで訓練所の
犬舎担当の人に連れられて行ってしまいました。
さようならフェル。立派な盲導犬になれるようにがんばって訓練してください。
さようなら。



雨にぬれても・・・『雨の辞典』というRainの大百科

奈良が産んだ彫刻家・井上武吉の“哲学の庭”

近代庭園の先覚者・七代目植治と無鄰菴庭園

ポテトの時間

WORKS



c0175075_1827777.jpg







日用の住宅考WEBマガジン“Daddy's athome”
by knaw | 2011-05-08 23:09 | ♪盲導犬パピーの日常
盲導犬候補犬フェルは5月の連休後、訓練所に帰所することが決まっています。
昨年7月にやってきて以来10か月、すっかり家族の一員になり、大きく成長し、
利口になりました。以前は工事現場なんかに連れて行くと設備の配管にかじりついたり
して悪さをしたもんですが、最近はそんな失態も無く現地調査にお供させると、
シッポ振り振りおとなしく待っているフェルです。
c0175075_965667.jpg
c0175075_97552.jpg
c0175075_971583.jpg




ポテトの時間

KATSURAGI BLACK BOX

近代庭園の先覚者・七代目植治と無鄰菴庭園



c0175075_1827777.jpg







日用の住宅考WEBマガジン“Daddy's athome”
by knaw | 2011-04-22 09:15 | ♪盲導犬パピーの日常

抜毛は雪のように

春で毛が生え換わる時期なんでしょうか。家の中はフェルの抜毛だらけ。
ブラッシングをしてやると抜けるは抜けるはで土間は一面、毛でまっしろに。
その量オソロシイ・・・
c0175075_742268.jpg
c0175075_742819.jpg






ポテトの時間

雨水利用講演会

KATSURAGI BLACK BOX

近代庭園の先覚者・七代目植治と無鄰菴庭園



c0175075_1827777.jpg







日用の住宅考WEBマガジン“Daddy's athome”
by knaw | 2011-04-06 22:41 | ♪盲導犬パピーの日常

フェルのさんぽ

もうすく春分で日も長くなりました。5時ころには目をさまし、こっちが
寝ていると目ざまし時計のように「はよ起きろ~さんぽ連れてけ~メシ食わせ~!」
とばかり起きろコールを連呼するフェル。(決して要求はしてはいけないのに。)
家族が家に居ると、「退屈じゃ~、さんぽ行こ!」と自ら玄関土間に下りて
スタンバイするフェル。天気も良かったから生駒山へのぼることに。
山の中腹にある友人のファームを目指してスタート。せっかく行ったのに
留守だったのでそのままどんどん登山。人気のピザ屋を過ぎて、有名な
棚田のあたりまで行って、このまま暗峠まで行っちゃうと帰りが遅くなる
のでUターン。これまた人気のカレー屋の前を通って帰ってきました。
c0175075_16351380.jpg
c0175075_16352412.jpg

途中、いっぷくしながら写真撮りながら坂道を歩いていても90分もかからない。
結構な距離を歩いていると思うけど、意外と近いもんだ。
こうやってフェルの散歩に付きあっているせいで、ウェイトは最盛期より7㌔g程
落して、もう何年も入らなかった501も穿ける。サンキュウ、フェルくん。
でも彼も5月の初めには訓練所に帰ってしまいます。




c0175075_1827777.jpg







日用の住宅考WEBマガジン“Daddy's athome”
by knaw | 2011-03-20 16:56 | ♪盲導犬パピーの日常
近頃は奈良の平野部で雪が積もる事はほとんど無いけど、昨日は朝起きてみると
一面銀世界。(というほどすごい雪でもないのだけれど・・)
c0175075_13123578.jpg

とにかく3年ぶりくらいでしょうか、これくらい積もるのは。
3年前には初めて預かった犬ナッティがいて、雪を見せてあげよう!ということになり
十津川まで連れて行き、谷瀬の吊橋を雪の中「おぉ、こわ」と言いながら渡って
帰ってきたら生駒も大雪でまっしろけ。わざわざ雪を見に行く事無かったやん!と
いうことがありました。
いま預かっているフェルはいつも自らコタツに中に入って丸まっているニャン子の
ような犬なんですけど、昨日はいつもと違い、「なんや、なんや。」という感じで
興味津津。外へ連れて行けと促し、雪の中を走り回ってはしゃいでいました。
♪いぬは喜び庭駆け回り~「あぁ、おまえは犬の着ぐるみ着たネコとちゃうかったんやね。
よかった。」となったわけです。
バレー部の練習にいったはずの下のムスメもびちょびちょで帰って来たので、
「どうしたん?」と聞くと「今日の練習は雪合戦やってん。」  どんな部活やねん。
c0175075_13245858.jpg
c0175075_1325534.jpg
c0175075_13251743.jpg
c0175075_13252399.jpg
c0175075_13252951.jpg
c0175075_13253372.jpg

            ★雪遊びに興じる、盲導犬パピー

c0175075_1835559.jpg 
by knaw | 2011-02-12 13:27 | ♪盲導犬パピーの日常