奈良県の一級建築士事務所 (建築設計事務所) 中尾克治建築設計室のブログ 建築設計監理・家具デザイン・庭園デザイン


by knaw
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:♪スタディ/エスキース( 43 )

学生の部分イメージ模型

夏休みを利用して実務体験をするための学生のインターシップ。
今年やって来た人につくってもらったキリスト教会の玄関庇。
コンクリート造の建築ですが、新しく玄関の位置が変わるので、
その部分にスチール造+ガラス葺きで設置する庇です。
手ほどきとなるのはスケッチ図面のみで、はじめて模型を作るというには
よくできました!と言ってあげてよいと思います。
図面では伝わりにくいイメージが上手く伝わると思います。

c0175075_2117624.jpg

c0175075_21172334.jpg



WORKS

c0175075_1827777.jpg


日用の住宅考WEBマガジン“Daddy's athome”
by knaw | 2016-09-21 21:19 | ♪スタディ/エスキース

“分居”という住まい方

住まい手は複数の住宅を所有しており、家族はそえぞれの住宅に分れて
暮らしたり、行ったり来たりしながら、家族ひとりひとりが自由な暮らし方を
大切にしている。
そんな住まい方もあって、一世帯一住戸は日本では基本的に満たされ、
「本宅」と「別荘」、「週末住宅」や「都心の家」と「田舎の家」など場所を変えて
日々の生活に都合のよい住居に分れて住むことが増えてきても不思議では
ない。今計画中のある住宅は家族で暮らす「本宅」と、その計画地から歩いて
数分という場所にホビーハウス(車好きな施主なので、車のための家って感じ)
も同時に計画されている。
下の計画案は週末だけを景色と環境の良い郊外で暮らすための小さな家の
提案。

c0175075_4442479.jpg
c0175075_4443962.jpg
c0175075_4444753.jpg



WORKS

c0175075_1827777.jpg


日用の住宅考WEBマガジン“Daddy's athome”
by knaw | 2016-09-17 04:46 | ♪スタディ/エスキース

ロの字平面の二世帯住居

L字平面の親世帯と子世帯のすまいがカギカッコのように中庭を内包しながら
対峙する二世帯住居の提案プラン。

c0175075_2135142.jpg
c0175075_214854.jpg


親世帯は平屋、客間としての和室6帖は子世帯も利用する事を想定。
親スペースは寝室とダイニングリビング+畳コーナーという最小スペースに留める。
玄関も水廻りも共用することで床面積を押えています。
子世帯のダイニングリビングは中庭に面する。吹抜けと一体となったリビング階段
の上部からもハイサイドの光が差し込むと共にドラフト効果で空気が滞留しない
ようにしている。2階は個室スペース、お兄ちゃんの部屋は独立だが、双子の娘の
スペースはふたりで共有。夫婦寝室の手前に前室を兼ねたWICにするのは
我が事務所の定番のひとつ。こうすることでプライバシー性を高く保つ。


WORKS

c0175075_1827777.jpg


日用の住宅考WEBマガジン“Daddy's athome”
by knaw | 2016-09-11 21:20 | ♪スタディ/エスキース

ニコイチの家

ひとつの敷地にはひとつの家しか建築できないというルールがあります。
ということで、2世帯住宅など1敷地にふたつ以上の世帯が居住するような
住宅の場合、建築基準法上はひとつの建て物と判断できるように棟が
一体になっていることが一般的。
プライバシーを確保しつつ、コミュニティーを指向する2戸1住居の計画。

c0175075_1235363.jpg
c0175075_124334.jpg


動脈と静脈
をご覧ください。


WORKS

c0175075_1827777.jpg


日用の住宅考WEBマガジン“Daddy's athome”
by knaw | 2016-09-02 01:33 | ♪スタディ/エスキース

農村集落の暮らし

郊外の古くからの農村の中で生まれ育った家を建てかえる。
よくあるはなし。
こんな場合どうしましょう!という提案。
この計画では、百姓はおろか都会へ出て行って戻ってきてない
若い世代にこの家と、この農村の耕作地を如何に引き継いで
もらうか、そのことに主眼をおいて間取りをしたものです。

c0175075_6202250.jpg
c0175075_6203079.jpg
c0175075_6203880.jpg
c0175075_621324.jpg
c0175075_6212484.jpg


WORKS

c0175075_1827777.jpg


日用の住宅考WEBマガジン“Daddy's athome”
by knaw | 2016-08-25 06:23 | ♪スタディ/エスキース
黒い四角い箱のような建築で窓すら無いのですが、決して何のための建て物か、
中はどうなっているのか判らないようなブラックボックスでは無いのです。

c0175075_20492190.jpg

内部は純粋な倉庫空間。隣接する敷地にある工場で使用される
資材の一部を仮置きしておく為の施設。
収蔵物の性質上、日光が入ってはだめだということでトップライトも
無くし、ますますブラックが薫る。

c0175075_20515235.jpg


WORKS

c0175075_1827777.jpg


日用の住宅考WEBマガジン“Daddy's athome”
by knaw | 2016-08-18 00:46 | ♪スタディ/エスキース

Come on a my house !

10年ちょっと前に設計させて頂いた住宅の外構改修計画
駐車スペースになる北庭にゲートを付ける計画で、鉄骨の
フレームで領域を明示しょうという考え。
c0175075_20265261.jpg


c0175075_2027919.jpg


c0175075_20272514.jpg


最初はフレームのみで扉無しの計画で、H項フレームにチークの板材で
“Come on a my house”(ようこそ我家へ)という銘板を付けよう!と
提案させて頂きましたが、あえなく却下・・・(ザンネン)
その後、扉をつけることになり、その扉は電動にしたいとなり、
最終的には既製品のゲートをH鋼フレームに合わせて設置することに
なっていく。


WORKS

c0175075_1827777.jpg







日用の住宅考WEBマガジン“Daddy's athome”
by knaw | 2016-08-18 00:21 | ♪スタディ/エスキース

農園暮らしを愉しむ

この計画案は若い夫婦が営む農園に建てる農家住宅。
広~い敷地には将来的には農作物加工場や販売所も建てる事を
想定しています。
目指すは、より少なく、より小さく、より豊かに暮らすために
自然エネルギーを活かした循環型の住まい。
c0175075_151560.jpg
c0175075_153559.jpg

おおらかな一枚屋根の木造架構に伸びやかな連続したワンルーム空間の
間取り構成で簡素で控えめな「半農半居」の働く家になればと
願っているのです。


最近の竣工

奈良県の近代化遺産建築探訪vol.1

雪は天から送られた手紙

近代建築のチャンプ;生誕100年

陰がもっている力

日本民家の微気候環境空間

カメハメハのフランク・ロイド・ライト

百万都市・江戸の暮らしから学ぶこと


WORKS

c0175075_1827777.jpg







日用の住宅考WEBマガジン“Daddy's athome”
by knaw | 2013-10-01 01:11 | ♪スタディ/エスキース

保育ママって知ってる?

保育ママって知ってますか?何ですかそれは・・・という人も
いるかも知れませんが、ちゃんと法定化された制度の名前なんですゾ!
平成22年4月、児童福祉法改正に伴い施行された制度が、家庭的
保育事業制度。昨今の待機児童問題を解消すべく新しく保育園や
認定子ども園など保育施設を作るばかりでは無く、一定の条件を
満たした主婦などが一般住宅など、より家庭環境に近い場所で
保育事業を行えるという制度。その保育をする人を保育ママと呼ぶのだ!
保育士や幼稚園教諭の免許なしでも講習等を受講し、一定レベルの
知識を身につければ「お母さん変わり」がOKなのだ。
施設の方は普通の住宅でいいのだけれど、保育のための専用の
スペース(部屋)が9.9㎡以上確保する必要あり。
なんで9.9なんて半端の数字なの?って思うけど、これ2.73m×3.64m
でクリアできる。つまり江戸間の6帖の部屋があれば用が足りるのだ。

c0175075_2003127.jpg
c0175075_2003688.jpg

このプランは家庭的保育事業を自宅で開業する事を目論んだ計画。
敷地にある一本の大きな木と呼応するかのような一枚の単純な片流れ屋根を
掛けただけで生まれる室内空間は大樹の緑陰の庭空間(園庭)と
いつも対峙できるようになっています。
人口減少時代に突入している日本。いまは待機児童があふれかえっていても、
いずれ減少する。どんどん保育施設を建設しても、将来的にはあまってくることに
なるのは分かっていること。それなら、こうした制度を有効利用し、より
家庭的環境に近い雰囲気の中で子どもたちを育んでいく方がいい。
保育ママになるひとは我が子も預かる乳幼児も分け隔てなく愛情を注いで
くれるでしょう。地域の子育てを終えた先輩ママさんたちが手伝ってくれたり
するようになると自ずと地域コミュニティも成熟してくることと思います。
世代を超え、立場を超え大人たちが協力し合い、知恵を出し合い、将来を
担う小さな子どもたちを見守る場所になれば理想です。

c0175075_20183713.jpg
c0175075_20184514.jpg


HELP ただいま募集中!


奈良の近代化遺産展⇒3月12日から24日まで奈良県立図書情報館
                セミナールーム会場へ巡回!


陰がもっている力

日本民家の微気候環境空間

ある建築家のひと夏の物語 – 火山のふもとで -

奈良が生んだ世界的デザイナー・田中一光

カメハメハのフランク・ロイド・ライト

百万都市・江戸の暮らしから学ぶこと

“食欲は理性に従うべし” 礼拝堂の様な・・・

WORKS

c0175075_1827777.jpg







日用の住宅考WEBマガジン“Daddy's athome”
by knaw | 2013-03-17 20:25 | ♪スタディ/エスキース

家と庭と畑と

その街の中心部から程近い場所にもかかわらず、広い敷地と隣接する
これまた広い畑地。ほぼフラットで周囲もあまり建てこんでおらず、農地も
残る四方に広々と視界が広がるロケーション。かといって交通の便が悪い
訳でも無く、学校や商業施設もすぐそこにある。絶好の立地条件。

なかなか、こうした好条件の敷地に計画できることも珍しいです。

c0175075_950991.jpg
c0175075_9502132.jpg
c0175075_9505652.jpg

畑につながる南側や水路の流れる北側に庭を配し、北隣のお宅の庭木を借景に
して、南北に抜ける家族空間をつくり、伊勢湾から来る夏期の風を呼び込み、
冬場の鈴鹿降ろしはシャットアウトしたいという、おいしいところだけ頂いちゃえと
いう開口部の採り方をしています。
深い軒を架け、家族の個室(寝室)ゾーンだけ2層にし、あとは平屋で伸びやかに
家の中から庭、畑へと繋がって行くシークエンスがこの家の大事なところ。


HELP ただいま募集中!


百万都市・江戸の暮らしから学ぶこと

“食欲は理性に従うべし” 礼拝堂の様な・・・

障子で住まう

桜並木の家[信貴山の棲居]

平屋の暮らしを愉しむ

生物多様性の生活空間・場所~田園住宅のススメ

WORKS


第3回いこま国際音楽祭


c0175075_1827777.jpg







日用の住宅考WEBマガジン“Daddy's athome”
by knaw | 2012-08-26 10:20 | ♪スタディ/エスキース