奈良県の一級建築士事務所 (建築設計事務所) 中尾克治建築設計室のブログ 建築設計監理・家具デザイン・庭園デザイン


by knaw
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2008年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

巨大模型に埋もれる

かなりでかい敷地模型が出来上がっていたのでワークスペースの
テーブルが占領されています。おかげで仕事をするスペースが狭くて
別室で書類なんか作らねばならぬ始末。ワンルームでいいけど
ワークスペースと模型室、打合せ室が別々になっているのが理想!
c0175075_1918976.jpg


さて、この模型どうやって運ぼうか・・・(車に乗るのかな)
by knaw | 2008-10-31 19:18 | ♪お気に入りあれこれ

少しずつ

従弟の家、少しずつできてきました。柿もいっぱいなってます。
今年は台風の上陸が無いとか。その影響か林檎や柿や栗が
豊作のようです。我家の前の畑の栗、柿もいっぱいできました。
c0175075_19114964.jpg

by knaw | 2008-10-31 19:12 | ♪建築現場から
若い子育て世代のH氏ご家族の住まい。
ステージはカラオケが大好きという奥様のためにリクエストも無いのに
提案したもの。TVのカウンターにもなるし、腰掛にもなるし、子どもが
遊んだり、家族の前で発表会をするのも良し。
奥様は「イントロ流して階段から降りながら歌いまくるわ!」とはや
臨戦態勢!?喜んで頂けましたようです。

ご主人のご要望だった屋根上の物見台が予算の都合上、
割愛となったのが残念です!

c0175075_16462322.jpg

c0175075_16465612.jpg

c0175075_16325856.jpg
c0175075_16331052.jpg

c0175075_16473229.jpg

by knaw | 2008-10-30 10:10 | ♪仕事例(日用雑家な家たち)

養生とれる

c0175075_223713.jpg
夏に着工した現場がはやくも足場、養生が外され姿が
見え始めた。
プレカットにほとんどの仕上げが既製品の建材という
30坪強のちいさな家に大工さんが常時3人入って
いたので、ヒジョーに駆け足の現場でした。
(同じ頃に着手した別の現場は中間検査もまだと
いうのに・・・こちらは来春竣工予定)

この現場も内装と設備関係の残工事、外構工事が
終わればいよいよ竣工でございます。
by knaw | 2008-10-27 22:13 | ♪建築現場から

京都北山へ

京都の北山は北山林業の産地で磨き丸太やダイスギで有名。
知人の㈱中源さんへおじゃまさせていただき、山や倉庫を見学させていただいた。
中源の中田さんは師匠・吉田桂二さんの建築学校で7月に知合ったばかりなのですが、
伝統の技と文化を大切にし北山林業を守られている方で、僕はうまが合うというか
一緒に話をしているとパワーをもらえる人です。
この日も雨の中、山を案内してもらい現在の北山林業の状況からダイスギの
特徴、北山でしか行なわれていない*「本仕込み」という行程で製造される丸太の
ことまでいろいろと説明を聞かせていただいた。
あっという間に時間は過ぎてしまい、まだまだ話をしたいこともありましたが
また次ぎの機会にということで。

*「本仕込み」とは・・・
  伐採する年の冬場に、ある程度の枝を落として水分の吸い上げを抑え
  (これを枝締めと呼ぶ)、夏に根元を伐って、枝葉を付けたまま皮をむき、
  立ち木に寄りかけて乾燥させる方法。

c0175075_11112541.jpgc0175075_11174291.jpg
by knaw | 2008-10-25 11:47 | ♪度々の旅

四君子苑~数寄者の空間

河原町今出川から少し南に入ったところにある北村美術館に併設する
四君子苑(北村邸)は故・北村謹次郎の邸宅で名工・北村捨次郎による
数奇屋建築。いろんな数奇屋建築や和風建築の専門書に必ずといって
いいほど登場する名建築。アプローチから玄関、客間から外部の渡り廊下を
通って茶室、奥の間へと続くシークエンスが素晴らしい。
特に茶室「珍散蓮」の前の広縁が良かったですよ。

c0175075_19383670.jpgc0175075_19385119.jpg












c0175075_1939593.jpgc0175075_1939269.jpg
by knaw | 2008-10-23 19:45 | ♪度々の旅

五十八の天井

京都にある四君子苑こと北村邸の増築部分は「新日本調」あるいは
「新興数奇屋」と呼ばれた建築家・吉田五十八の設計によるもの。
座敷廻りの天井意匠は絶品。鴨居という内法材と天井仕上げを一体化させた
画期的なディティールです。固定観念をあっさり覆した発想はその他の部分にも
多く見られました。(回転柱など)
スリットになった目地は鴨居の溝代わりのガイド金物のレールを兼ねています。
(障子は3枚、目地は4本。実は1本はデザイン上のダミー)
プレーンに仕上られた天井面に繊細にレイアウトされた目地は幾何学模様の
ような美しさで思わず目を見張ります。

c0175075_15175067.jpgc0175075_151881.jpg
by knaw | 2008-10-23 15:22 | ♪お気に入りあれこれ

銀閣寺東求堂特別拝観

銀閣寺の国宝・東求堂が秋の特別拝観中!知人らの出かけました。
内部の写真は撮影禁止。外観のみ。桧皮葺の現存する最古の書院とか。
内部には草庵茶室の源流となる同仁斎があり、四畳半の始まりという。
京間の四畳半はいわゆる丈間とほぼ同等。鴨長明の「方丈記」に登場する
庵と同じで“小さな家”の最小グリッド空間といえる。これを4つ集めれば
三間角で俗に言う「九の間」。いまどきの言い方なら「9坪ハウス」。
こういうヒューマンスケールを大切にしていきたい。

ちなみに慈照寺のもうひとつの国宝である銀閣(正式名称は観音殿・知らなかった)は
修復工事中でご覧の通り。幸と取るか不幸と取るかは人それぞれだけど
修復の様子がわかるように仮囲いが全面を覆っていない。(親切である)
建築に携わっている人にはやっぱり幸!?

c0175075_14383011.jpg

               国宝・東求堂(秋の特別拝観中)

c0175075_14411198.jpg

               国宝・観音殿(銀閣)修理中でした
by knaw | 2008-10-23 14:52 | ♪度々の旅

work shop(お仕事体験)

c0175075_13431536.jpg
いま、いろいろと話題(良くないほうで)になっているWのS館で中高生向けの建築家の
しごと体験のためのプログラムのひとつ。
決められた敷地に与えられた部屋をグリッドに沿ってパズルのように並べて
平屋の住宅をプランニングするというもの。ざくっと建築のこと、街並みのこと~ゾーニングや
プランetcを、予め作っておいた例を参照しながら自分なりに伝えて作業をしてもらう。
今回は高1の男子6人が体験しましたが、みんなお上手でちゃんと間取りになっていました。
こんな時、手が動かず考え込んでしまう子や「どうでもええわ」って感じで無茶苦茶する子
もいるけど、なかなかのもんです。(将来有望)
by knaw | 2008-10-18 13:44 | ♪スタディ/エスキース

従弟の家が上棟

従弟の家が上棟しました。単純な切妻屋根の家です。
SOHOのすぐ隣の敷地なので、窓から現場の様子が伺えます。
監理にもってこいです。c0175075_18565193.jpgc0175075_1857944.jpg
by knaw | 2008-10-16 18:58 | ♪建築現場から