奈良県の一級建築士事務所 (建築設計事務所) 中尾克治建築設計室のブログ 建築設計監理・家具デザイン・庭園デザイン


by knaw

<   2010年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ここ数年の住宅の基礎配筋の写真を並べてみましたが、ほとんど(というか、
ほぼ100%)ベタ基礎であります。(最後に布基礎で設計したのは5年近く前かな?)
鉄筋の仕様にいろいろあるのはその都度、構造計算によって違うから。
c0175075_21263687.jpg
c0175075_2126508.jpg
c0175075_21265875.jpg
c0175075_2127482.jpg
c0175075_21272588.jpg
c0175075_2127385.jpg
c0175075_21274339.jpg

性能保証、瑕疵担保、長期優良などいろんな施策があってか布基礎よりベタのほうが
安心とか丈夫だといったイメージがすっかり世間一般に浸透している様です。
(いろんなチェックも通りやすく、建築主や住宅購入者もベタ基礎のほうがグレード
が高いと思いこんでいるから関係者はあっさり簡単に事が運ぶ方へ流れている。)
実際には一長一短があって、その都度地盤の状態を調べて上に建つ建物との関係を
精査し基礎形状を選定するのが一番望ましい。(決して布基礎などが劣っている訳
では無いのです・・・)
第三者監理や検査員業務なんかで他所様の設計した住宅の現場を見に行くことも
しばしばあって、近頃は地盤調査を行わないと建築確認も通らないような時代ですが、
調査結果は地盤改良の必要性の有無を判断する材料にしか使わず、基礎形状は
最初っからベタ基礎で設計しています!とうのが圧倒的多数。そして他所様の物件
でも100%ベタ基礎である。
(布基礎など他の基礎形状はどこへ行った?玉石基礎に直接柱を立て足固めや差鴨居で
軸組を組むような伝統工法なんていうともう歴史遺産で天然記念物だ!)
配筋事情も複雑で構造計算をするとかなりの鉄筋量になったりすることもある。
ここまで必要か?と思うくらいで、実際の現場では定着や継手といった鉄筋と鉄筋が
折り重なるところなんか鉄・鉄・鉄といった感じでアキ(鉄筋と鉄筋のすきまの事)
もまともに確保しづらい状態になる。
計算上や机上の空論にならぬように注意が必要なのです。弱い基礎ではもちろんダメ
ですが、基礎形状や配筋も可能な限りシンプルでスマートでかつ強靭でという様に
したいものです。
それにはやっぱりやみくもな構造計算ではなく、明確で系統だった構造計画と計算に
よる選定が必要であり、それには時間もかかり費用も嵩むということ。
だからやっぱり設計監理料というのはどうしても高くつくものなのです。
by knaw | 2010-09-30 21:36 | ♪建築現場から

ひかり降り注ぐ教会

光の教会といえば安藤忠雄さんの名作のひとつとして名高いが、
先日、見学させてもらった教会も魅力的な陽光が室内に降り注ぐ“光の教会”だった。
c0175075_729373.jpg

駿府教会は建て替えられてまだ新しい教会。トップライトからルーバー越しに
落ちてくる光は時間の経過とともに入射角度が変わり、スリッドの入れ方に変化を
加えた壁面に描く模様を刻々と変える魅力的な空間でした。
この教会は西沢大良氏の設計で、この日はオルガンの奉献式・コンサートが
催されていました。
by knaw | 2010-09-27 07:40 | ♪度々の旅

秋の味覚

松茸をいただく。今夜のネタはこれで決まり。
調理法は奥方に任すことにし、これから打合せに
出掛けます。
c0175075_16265030.jpg

by knaw | 2010-09-26 16:27 | ♪家事は愉しい!

掘り方開始

U・R保育園も祭日前の支持地盤確認後、基礎工事がスタートしました。
表層は水はけの良いマサ土ですが支持地盤は固い粘土層。雨があったので
現場内はドロドロ。粘土は水がまわると大変です。子どもの頃の粘土遊びを
思いだします。
c0175075_7212927.jpg

by knaw | 2010-09-25 07:21 | ♪建築現場から
芹沢銈介は型絵染(かたえぞめ)の人間国宝。染色家であり、本の装幀家としても良く
知られている。この人すごいな~と思いました。まぁ、人間国宝になるくらいだから
すごいのは当たり前なんですが、染色に興味がない僕はその凄さを全然知らなかった
のだけれど、名前だけは知っていた。なぜかというと芹沢銈介は静岡市出身で彼の作品と
コレクション(古今東西の工芸品の蒐集家でもある。)が郷里に寄贈されることを機に
美術館が静岡市内に建設され(竣工は1981年)、その設計者が次代の建築家に多大な
影響を及ぼしたカリスマ巨匠建築家の白井晟一だったから。
白井晟一も特に好きな建築家というわけでは無かったので、あまりその建築作品は
見た事が無かったのですが、このたび縁あって?静岡市内に行く用事があり、どこか
建築巡礼するところ無いかな~と思い浮かべたところ、真っ先に思い浮かんだのが
静岡市立芹沢銈介美術館。弥生時代の遺跡である登呂遺跡を保存する公園の一角に
遺跡と呼応するように建っているのがその美術館。写真や図面集で見ていて、これは
白井最晩年の渾身の一発だろうなと睨んでいた僕は、友人に誘われた用事をさておき、
これを見に行くことがプライオリティーの一番高いところにあったのです。
建築設計をやっている者が有名建築家の美術館建築を見学に行くと展示などそっちのけ
でディテールや素材を食い入るように見たり、プランを描き写したり、写真集と同じ
アングルで写真を撮りまくったりと展示品とその作家に対して随分と失礼な行為を取る
ものなのだが、今回は違いました!(建築も良かったですぞ!さすが白井晟一。でも
建築の事は、また別にWEBサイトで記します。)
c0175075_7231865.jpg
c0175075_7234336.jpg

今回の見学では展示内容もじっくりしっかりと見た訳です。「芹沢銈介のブック・
デザイン」という企画展をやっていましたが、ブックデザインを含めデザイナー芹沢銈介
の生み出す模様や色使いにやられてしまったな~。まぁ、うまく説明できませんが
とにかくイインデス。しっかり図録も買い込んで帰ってきたので、しばらくはこの人の
影響を受けそうな予感。
c0175075_724445.jpg
c0175075_7241455.jpg

美術館の付属施設として「芹沢銈介の家」があり、これは芹沢の没後、東京蒲田から
移築された民家で、もともとは宮城県にあった板倉。2度の移築を経て生まれ故郷で
多くの蒐集品とともに保存されている訳ですが、その朴とつとした佇まいがよろしい。
生前に芹沢は「ぼくの家は、農夫のように平凡で、農夫のように健康です。」と言って
いたそうですが、含蓄のある一言です。

⇒ 農夫のように平凡で健康な住まい

⇒ 素敵なアプローチ
by knaw | 2010-09-23 07:33 | ♪度々の旅

物忘れ

きのう9月21日は世界アルツハイマーデーだったらしい。
最近、物忘れがひどくなったというか、多くなった。人の名前が思い出せないことが
よくあるのです。物の名前とか、いわゆる固有名詞をすぐ忘れる。しょっちゅう顔を
合わせて呼び合う人はそうでもないけれど、月一とかときどき会う人、年に数回会う人、
もう何年も前からの付き合いなのにスパッと出て来ないのですね~(これ、ヤバイ?)
以前は建築主の名前から子どもさんの名前や趣味とかヒアリングシートに書いてもら
った事はたいがいその仕事中は憶えていたもの。最近では、からっきしダメ。
先日もある会合で横に座ったり、テーブルを挟んでしゃべっているのに、数名の人の
名前がなかなか出てこない。(その人が何者かは判っている。それが判らなきゃ、もう
病気の域だ。)誰だっけ、と左の脳で考えながら右の脳を駆使して会話を続けるという
具合。余計な事を考えているから会話のポイントもずれちゃったりする。
どうでもいいような、しょうもない事はいつまでも憶えているのに肝心なことはすぐ
忘れちゃんですね。そして、自分にとって都合の悪い事もうま~く忘れちゃいます。
すこし前の事(6月29日のこと。最近はメモをとるので憶えている)ですが、
「人間ってヤツはしてもらった事はすぐに忘れるが、してもらえなかった事は
いつまでも憶えている。」ということをラジオで言っていた。なるほど確かにそうだな
と思いますね。 ニンゲンノキオクトイウモノハオモシロイモノダ
c0175075_6574583.jpg

物忘れとちょっと違いますが、娘たちの名前と犬の名前を間違って呼ぶ事も。
娘にナッティ~、エリン~と呼びかけたり、オネエの方に妹の名前で呼んだり。
その度に怒られるわけです。
相方に、他所の女性の名前で声掛けする失態はありませんけど。
by knaw | 2010-09-22 07:05 | ♪僕の失敗学
三重大学の広大な敷地の外れ、南門のすぐそばに質素に佇んでいるちいさな
建物が有ります。これ実は建築家アントニン・レーモンドの設計によるもの。
現在は三重大学レーモンドホールという名で2002年3月18日付で、国登録有形
文化財になっています。
ところが、この清廉で純朴な木造建築、永らく大学内で雑多のものを放り込んで
おく物置のような扱いで使われてきたよう。(平成に入ってから)
そして何故だか判りませんけど、いろんなレーモンドの作品集などでも
取り上げられていないばかりか、作品年譜にすら記されていないことが
ほとんどです。不思議ですね~。いかにもレーモンドという匂いがプンプン
している建築なのに。何か発表できない都合が有ったのか、資料・記録から
そっくり抜け落ちていたのか?それが今では文化財!
昔、戦争や災害で生き分かれていた家族に何十年も過ぎてから巡り逢えたような
感覚ですな。
何はともあれ、必見です。傷んではいますが、ちゃんと手を入れて保存して、
できたら横にくっついているおかしな増築部を取り払ってオリジナルの形に
戻してほしいです。(ずっと当初の意図で使われ続けた結果のいまの姿じゃ
無いから。)当初は三重県立大学の図書館として昭和26年に竣工。その後、
現在の位置に移転。食堂に用途変更されている。県立大は三重大と統合された
あとも平成のはじめまでは食堂として使用されていたとのこと。
僕は今年の春に東京のGALLRY A4で開催されていた「レーモンド展」で
取り上げられていたので、この建築の存在を知ったのですが、いまその展覧会が
三重大学に巡回しているのに合わせて特別公開されています。
c0175075_91573.jpg
c0175075_92613.jpg
c0175075_921316.jpg
c0175075_922755.jpg
c0175075_923619.jpg
c0175075_924995.jpg

シンプルな切妻の外観、深く低い軒内空間、秩序正しく無理無駄の無い構造、
伸びやかな内部空間と内外の繋がり。パーフェクトであります!

⇒ 三重大学レーモンドホール
⇒ 「札幌聖ミカエル教会」とアントニン・レーモンド展
by knaw | 2010-09-21 09:10 | ♪度々の旅

腹時計は正確!?

無防備に腹を出して気持ちよさそうに寝ている。
フリーにしておくと目の届かぬところで好奇心と探求心をフルに発揮し、
ワルサをするので、リードで足元に繋いで仕事をしていると、最初は
良い子でおとなしくしている。退屈だからなんかすること無いかな~と
ゴソゴソしだし、行動範囲が限られているので結局やりたいことができず、
寝るしかないわ~といった感じ。
ムクッと起き上ったら、だいたい正午。フェルの腹時計が一番正確なのだ。
c0175075_757221.jpg

by knaw | 2010-09-17 07:57 | ♪盲導犬パピーの日常
もう、何年か前の話になるが自分はこういう家に住みたいということを
提案する架空のプレゼンテーションがあった。海の無い奈良県に住まれ
育った人間は海を見ると「あっ!海や。」と思わず声が出てしまうという
ウワサがあるが(これ、ホント)、ぼくもそのひとりなので自分が住みたい
家となるとやっぱり海の側がいいな~と漠然と思うのである。だから、
その時の提案もそんなことになっている。

自分自身が暮らすための週末住宅。敷地は眼下に太平洋が広がる小高い
傾斜地の上の松林の一角にあり陽当たりがよく夕日が美しく見えます!
なんていう夢のような立地(そんなとこで過ごせたらいいよね~)を選定し
計画したプラン。“SHIOSAI HUT”と名付けたこの家は、三間角の方形架構
を雁行させながら傾斜地に沿って海に向かい下って行くという構造架構と
スキップフロアの内部空間をもっていて、どこからでも海が見えるように
工夫したつもり。お風呂は下から薪を炊く昔ながらの方式で極力、便利な
インフラから切り離してエネルギー消費しない質素な暮らしを愉しむ小さな
家である。ベンガラで赤く塗られた板壁と赤い塩焼き瓦で夕焼けと呼応する
外観をイメージしてみました!なんて鼻息荒くプレゼンした。

まぁ、この計画が良い悪いは別として、実は昨日またひとつ歳をとった。
自分の家は建て替えたり、週末住宅を建てたりという余裕はひとかけらも
無いのだけれど、設計を生業としている身としては、そろそろ本当に
いいと思える住宅をしっかりつくってみたい、つくらなきゃいけないと
改めて思うのである。
c0175075_84671.jpg
c0175075_843038.jpg


ちなみに昨日、歳を重ねた人には建築界ではレンゾ・ピアノ(関空のターミナル
ビルを設計した人)、有名人では矢沢永吉さんや磯野波平さんがいるようだ。
by knaw | 2010-09-15 08:10 | ♪お気に入りあれこれ

伝説ノート活用術!

愛用しているMOLESKINEの活用ノウハウ本が出たという。
9月10日の発売以来バカ売れらしく、いきなり重版とのこと。
そんなことを聞くと欲しくなってしまうのが、影響されやすい
タチの悪いところ。どんな内容かは知らないけれど、今日、打合せに
出掛けた帰りに本屋に行く事間違いなし!
c0175075_9122166.jpg

MOLESKINEのサイト
意中の文房具005
by knaw | 2010-09-14 09:12 | ♪お気に入りあれこれ